ベトナム株Q&A


Q.ベトナムの証券会社に複数の口座を開設できますか?
A.ベトナムでは外国人投資家は1人1口座までとなっています。ただし、証券会社の変更は可能です。
Q.同日に買いと売りは出来ますか?
A.同一取引日内の同一銘柄の買いと売りは出来ません。受渡日(+3日)以降の転売となります。
Q.ベトナムへの送金方法は?
A.日本からベトナムへ送金するときは、証券口座に開いた本人口座へ送金します。円やドルであれば、そのまま送金すれば、着金日当日のレートでベトナムドンに換金後、入金されます。詳しくは各証券会社へお問い合わせください。
Q.ネット取引は可能ですか?
A.基本的にベトナムで言うところのネット取引とは、IDやパスワードを使って証券会社のサイトにログインし、メールで注文を出すだけのシステムです。しかし、現在は一部の証券会社ではホーチミン証券取引所とオンライン取引を始めているところがあります。詳細につきましては各証券会社へお問い合わせください。
Q.現地で投資資金を引き出し出来ますか?
A.投資資金のベトナム現地での引き出しは不可です。日本への海外送金のみ受取が可能です。
Q.外国人の保有制限とは何ですか?
A.ベトナムでは上場株の場合、外国人の保有制限は49%となっています。銀行など国家に関する重要な銘柄は30%となっています。これが制限いっぱいまで買われている銘柄だと他の外国人が売るのを待たなければいけないことになります。
Q.OTC(未公開株)とはなんですか?
A.ベトナム株には上場株以外にOTCと言われる未上場株が存在します。OTC銘柄は数千社あると言われていますが、実際取引されているのは100社程度です。また取引は相対取引のみとなりますので、条件の合う売却希望者を見つけなければいけません。ただ取引自体は基本的にどこの証券会社でも依頼することは可能です。
Q.IPOについて教えてください。 
A.日本では上場時に誰でも取引可能な状態になることを意味しますが、ベトナムでは国営企業や100%外資の有限会社などが株式会社化する際に不特定多数の投資家に株式を売り出すことをIPOと言います。ベトナムでは通常、IPO後はOTC市場で一定期間取引され、その後上場という流れが一般的です。またベトナムのIPOは競争入札(オークション)方式で行われます。最低入札価格は決まっていますが、高値で入札した投資家から優先的に入札した額で買える事になります。ただ、高値で入札すれば落札の可能性は高まりますが、損をする可能性もあり、事前の情報収集がカギとなります。

自然な出会い